その他一覧


陣羽織

詳細

 19万円

貴重な幕末の陣羽織です。下に特注の現代の羽織も付属します。

当世小札具足(六十二間兜)

詳細

江戸前期 58万円

古い鎧です。戦国の気風を残し、静かな迫力を感じさせます。状態も江戸時代そのままで残されております。 <東京コミックコンベンションにて展示>

戦国の気風溢れる逸品

鎧兜 当世小札具足

詳細

安土桃山時代 (三つ巴に鯱の前立て) お問い合わせ下さい

江戸初期に造られた戦国の気風に溢れた具足です。ムラなくしっかりと施された威しがみごとです。 <東京コミックコンベンションにて展示>

打刀拵え

詳細

江戸中期 20万円

全長 約101cm  柄長 約24cm

古色溢れる幕末の打刀拵です。堅牢で実用的で尚且つ古く美しい金具が使われた入念作です。柄巻は一貫巻で縁頭は龍図、目貫はまことに珍しい獅子と龍の金具です。朱塗りの鞘には、織田信長公の家紋として有名な桔梗の家紋が入っているよう […]

新々刀上々作

次郎太郎藤原直勝 天保十二二年仲春

詳細

江戸後期 武蔵 保存刀剣 白鞘、拵付 35万円

刃長14.8cm 反りナシ 重ね1cm(ケラ首 幅1.45cm 重ね1.63cm) 元幅1.91cm

平三角、うぶ茎。 直調子に小互の目交じり、ややほつれる。匂い口フックラと小沸つく。湯走りかかり、小足、葉働く。細かな金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景入り淡く映り立つ。平地に棒樋の彫刻。直胤の門人、後に養子となる。館林藩工、新々刀上々作。

細川忠興公御用鍛冶

大和守藤原宣貞 豊州小倉住

詳細

安土桃山 豊前 保存刀剣 白鞘 75万円 

刃長22cm 反りナシ 中心重ね1.1cm(ケラ首1.5cm)
元幅2.7cm(重ね1cm) 最大幅16cm(重ね0.87cm) 先幅2.5cm(重ね0.7cm)

十文字造り、うぶ茎。 互の目乱れ、丁子交じりやや掃き掛ける。匂い深く、よく沸づく。細かな金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。貴重な十文字槍の作、出来良し。

二枚胴具足

詳細

江戸後期 陸奥  100万円

鉄味が美しい、二枚胴の鎧です。漆黒の漆が迫力を感じさせます。仙台胴とも呼ばれる一品です。 <東京コミックコンベンションにて展示>

陸奥棚倉藩阿部家伝来

雲龍蒔絵仏胴胸取具足

詳細

江戸中期 六十二間星兜 500万円

陸奥棚倉藩十万石の阿部家伝来の鎧です。 兜は鉄黒漆六十二間の小星兜で、星は先の尖った小星が一行に二十九点を繁く打っております。八幡座は鍍金玉縁で小刻、甲盛菊、裏菊、魚々子唐草彫の葵座の五重となって見事です。後正中に鍍金笠 […]