江戸後期・幕末の一覧


初代忠吉、五字忠吉銘

肥前国忠吉(初代忠吉)(彫物宗長別人)

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 150万円

刃長28.2cm 反り0.0 元幅2.65cm 重ね0.5cm

平造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じる。匂い深く沸よくづく。足葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しかかり明るく冴える。板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。表に草の倶利伽羅、裏に腰樋の彫刻。初代忠吉。

詳細

十一代兼定

和泉守兼定  慶應三丁卯年八月日(十一代兼定)

幕末 陸奥 特別保存 白鞘 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.0cm 1.3cm 0.7cm 3.1cm 0.5cm 2.15cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。足、葉頻りに働き、金筋刃縁に絡む。砂流しかかり明るく見事に冴える。柾目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。十一代兼定。

詳細

珍重な宮打ち

荘司美濃介藤原直胤造之(花押)於舞鶴城下 嘉永二年二月吉(刻印・宮)

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘、拵付 売約

刃長 反り 元重 元幅
73.6cm 1.81cm 0.8cm 3.45cm

薙刀造り庵棟、うぶ茎。丁子に互の目交じり焼き高く華やか。匂い深く荒く沸づく。足、葉頻りに働き、金筋、砂流し頻りにかかり沸筋かかる。匂い口明るく冴えて見事に冴える。小板目肌、板目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、強い地景よく入り沸映り立つ。大慶直胤。

詳細

特注の槍

於武陽市渓八幡山邊紀州住藤原直衤豊造之 嘉永六丑年八月日

江戸後期 紀伊 当店の鑑定 白鞘 参考品

全長35cm 刃長8.5cm 元幅1.5cm 元重0.8cm 

鍛え肌が美しい特注の槍です。五面体を持つこの造り込みは珍しく、地肌、刃の調子、銘振りなどから直胤の門と思わます。刃長15cm未満の為登録は不要です。

詳細

新々刀最上作

荘司筑前大掾藤直胤(花押) 六十五翁天保十四年仲秋

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘、拵付 参考品

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
74.7cm 1.9cm 0.8cm 3.3cm 0.65cm 2.4cm

本造り三ツ棟、うぶ茎。腰開きの互の目乱れに丁子交じり、湯走り交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。匂い足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく見事に冴える。板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り映り立つ。水心子正秀の高弟、新々刀最上作。

詳細

地鉄精美 

備前介藤原宗次 慶應元年五月日

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 185万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.9cm 1.21cm 0.75cm 3.23cm 0.53cm 2.36cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じり、焼き高く馬の歯状となり華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、細かな金筋刃中にかかる。砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景盛んに入り淡く沸映り立つ。固山宗兵衛、加藤綱英の門。号は精良斎、一専斎。四谷左門町住。桑名藩工、新々刀上々作。

詳細