商品一覧


於東武 眠龍子寿実 文政二年八月日

江戸後期 因幡 保存刀剣 白鞘、拵付 78万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.8cm 1.2cm 0.7cm 2.9cm 0.45cm 1.9cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、浅く湾れて尖り状の刃交じり、焼き出し現わる。匂い口フックラと小沸よくつく。足よく入り葉働き、刃縁に金筋絡む。砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。浜部一派、眠龍子壽実。

詳細

十一代兼定    商談中

会津士 和泉守藤原兼定(十一代兼定)慶應三丁卯年八月日

幕末 陸奥 特別保存 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅
39.8cm 0.9cm 0.75cm 3.0cm

平造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、湾れる。匂い口フックラと小沸つく。足葉頻りに働き、金筋刃縁に絡む。砂流しかかり明るく見事に冴える。板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。
十一代兼定。

詳細

特注の槍

於武陽市渓八幡山邊紀州住藤原直衤豊造之 嘉永六丑年八月日

江戸後期 紀伊 当店の鑑定 白鞘 参考品

全長35cm 刃長8.5cm 元幅1.5cm 元重0.8cm 

鍛え肌が美しい特注の槍です。五面体を持つこの造り込みは珍しく、地肌、刃の調子、銘振りなどから直胤の門と思わます。刃長15cm未満の為登録は不要です。

詳細

新々刀最上作

荘司筑前大掾藤直胤(花押) 六十五翁天保十四年仲秋

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘、拵付 380万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
74.7cm 1.9cm 0.8cm 3.3cm 0.65cm 2.4cm

本造り三ツ棟、うぶ茎。腰開きの互の目乱れに丁子交じり、湯走り交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。匂い足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく見事に冴える。板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り映り立つ。水心子正秀の高弟、新々刀最上作。

詳細

川越の名工

於東武英義 安政四年八月日 (藤枝太郎英義)

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣、刀装具 白鞘、拵付 125万円

刃長24.2cm 反りナシ 重ね0.85cm 元幅2.6cm

本造り庵棟、うぶ茎。湾れに互の目、小乱れ交じる。匂い深く小沸よくつく。小足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌に杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り鉄冴える。細川正義の門。

詳細

新々刀上々作

作陽幕下士細川正義  安政五戌午年孟春造

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘、拵付 145万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.4cm 1.4cm 0.7cm 3.1cm 0.6cm 2.5cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、大房の丁子交じり飛び焼き交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足よく入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかる。匂い口、明るくよく冴える。杢目肌に板目交じりよく詰み、肌物状にやや肌立つ。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。細川正義。

詳細

清水甚之進信高 矩武持主 文化元年二月日

江戸後期 尾張 特別保存刀剣 白鞘 拵付 85万円

刃長 反り 元重
62.1cm 1.0cm 0.75cm

本造庵棟、うぶ茎。互の目乱れに丁子交じり、涛乱刃となる。足よく入り葉働き、細かな金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口、明るく冴える。小板目肌よく詰み、精美な肌となる。八代信高。

詳細

珍しい懐剣 特価

無銘(新々刀寿命)(兵左衛門鑑定)懐剣

江戸後期 美濃 拵入り 8万円

刃長15.4cm 反りナシ 元幅2.2cm 重ね0.7cm

平造り庵棟、うぶ茎。 湾れに小互の目交じる。匂いフックラと小沸つく。足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。杢目肌練れ詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。幕末の合口拵入り。

詳細

鍔 会津正阿弥

江戸後期 無銘 会津正阿弥  箱入り 5万円

縦8.6cm 横7.8cm  切羽台厚み0.5cm 大きさ2.8cm

無銘、会津正阿弥。撫角形の鉄地鍔、鋤出高い彫り。色絵と金象嵌によって彩られる重厚な板鍔。

詳細

華麗なる涛乱  特価

藤田東作朗繁榮    寛政十一年五月日

江戸後期 丹波 特別保存刀剣 白鞘 48万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.6cm 0.9cm 0.68cm 3.1cm 0.5cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じり、丁子交じり濤乱刃となる。匂い深く、小沸よくつく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。手柄山正繁の弟、丹波篠山住陸奥大掾繁栄。

詳細

清麿の高弟、山浦一派の名品!

源 正雄   文久元年三月日

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 290万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.0cm 2.0cm 0.77cm 3.15cm 0.62cm 2.28cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足よく入り葉働く。金筋長くよく入り砂流しかかり、明るく見事に冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景盛んに入り沸映り立つ。源清麿の高弟。文久元年紀、藤代鑑定優秀作。清麿の如く、出来見事。

詳細