華表反りの一覧


地鉄精美 

備前介藤原宗次 慶應元年五月日

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 185万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.9cm 1.21cm 0.75cm 3.23cm 0.53cm 2.36cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じり、焼き高く馬の歯状となり華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、細かな金筋刃中にかかる。砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景盛んに入り淡く沸映り立つ。固山宗兵衛、加藤綱英の門。号は精良斎、一専斎。四谷左門町住。桑名藩工、新々刀上々作。

詳細

最上大業物  売却済

長幸於摂津國作之

江戸前期 摂津 特別保存刀剣 白鞘、拵付 380万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.4cm 0.9cm 0.66cm 2.94cm 0.52cm 2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、大房の丁子交じり焼き高く華やか。匂い口、フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足入り葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ乱れ映り立つ。新刀上々作、最上大業物。

詳細