商品一覧


五字忠吉の名品

肥前国忠吉(初代忠吉)

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
46.6cm 0.9cm 0.65cm 2.95cm 0.5cm 2.25cm

本造り庵棟 うぶ茎 中直刃浅く湾れる。匂い深く小沸見事によくつく。二重刃かかり細かな小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。小杢目肌よく詰み、小糠肌となる。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。初代忠吉。橋本新左衛門。埋忠明寿に学ぶ。鍋島家抱工。

詳細

最上作、長船勝光の弟

備州長船宗光 明應元年八月

室町後期 備前 保存  白鞘 38万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
49.5cm 1.1cm 0.65cm 2.65cm 0.4cm 1.85cm

本造り庵棟 磨上茎。板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕入り映り立つ。刃紋は太直調子、湾れて小互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足よく入り、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。長船勝光の弟。

詳細

新々刀の祖

水心子正秀 天明二年二月日

江戸後期 武蔵 特別保存 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.3cm 1.2cm 0.65cm 2.9cm 0.5cm 2.1cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じる。匂い深く沸見事につく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。刃中に細かな金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。水心子正秀(初代)。

詳細

お買い得品

備州長船安光  文亀▢年八月日

室町後期 備前 保存刀剣 白鞘、拵付 19万円

刃長16cm 反りナシ 重ね0.6cm 元幅1.85cm

平造り庵棟、うぶ茎。 湾れに小互の目交じる。匂いフックラと小沸つく。足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。杢目肌練れ詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。幕末の合口拵付き。

詳細

下原一派 三代 

下原住照重

室町後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘、拵付 58万円

刃長33.5cm 反り0.6cm 元幅3.1cm 元重0.7cm 

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じりややほつれる。匂いややフックラと小沸よくつく。小足よく入り葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しかかり、明るく冴える。板目肌に柾交じり練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。下原一派。

詳細

関兼清 (享徳頃)

室町中期 美濃 特別保存刀剣 白鞘 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅
29.3cm 0.2cm 0.61cm 2.5cm

長巻直し造り庵棟 うぶ茎 湾れに互の目交じる。匂いやや深く小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕入り映り立つ。表裏に棒樋と添樋の彫刻。

詳細

実用向け  売却済

越後国住今井貞六作之  昭和拾三年八月吉日

現代刀 新潟  拵入 19万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.8cm 1.5cm 0.65cm 3.35cm 0.45cm 2.1cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れる。匂いやや深く、小沸つく。金筋。砂流しかかり冴える。小板目肌詰む。地沸つき、景入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。

詳細

住人忠吉

肥前国住人忠吉作

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘 280万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
62.3cm 1.1cm 0.68cm 3.03cm 0.53cm 2.15cm

本造り庵棟 うぶ茎 中直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。二重刃かかり細かな小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。小杢目肌よく練れよく詰み、小糠肌となる。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。初代忠吉。橋本新左衛門。埋忠明寿に学ぶ。鍋島家抱工。

詳細

九代 売却済

肥前国忠吉(九代)  <売却済>

江戸後期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 68万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
68.2cmcm 2.1cmcm 約0.8cmcm 約3.1cmcm 約0.6cmcm 約2cmcm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、湾れて小乱れ交じり喰い違い刃交じる。匂い深く、小沸よくつく。小足、葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。九代忠吉。

詳細

来一門

無銘(千代鶴守弘)

南北朝時代 越前 特別保存刀剣 白鞘 68万円

刃長 反り
71.5cm 2.1cm

本造り庵棟、磨上茎。 直調子に小互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り、金筋、砂流しかかるり、匂い口明るく冴える。小杢目肌、練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り鮮明に立つ。

詳細

備前国住長船源兵衛尉祐定作 元亀三年二月吉日

室町後期 備前  重要刀剣  白鞘  630万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.7cm 2.40cm 0.66cm 3.30cm 0.54cm 2.50cm

本造り庵棟、うぶ茎。 広直調子、湾れて互の目交じり、小丁子交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足盛んに入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり匂い口明るく見事に冴える。板目に杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。与三左衛門の子、出来見事。第33回重要刀剣。

詳細