商品詳細

濃州関住兼村

覇気のある互の目乱れが美しく、千子村正を思わせる関兼村の刀です。村の字を使う刀工は珍しく、一説に文明頃の初代兼村は伊勢の村正の父とされます。村正の師匠は山城の三条長吉とされますが、村正の作風は基本的には関伝であり、出身が関であることは自然な流れであります。なお本工の後代によると後の慶長二年の関鍛冶調査において関七流の良賢派の刀工であると挙げております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.7cm 1.0cm 0.75cm 2.85cm 0.55cm 2cm

室町中期 美濃 保存刀剣 白鞘、拵付 85万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時