商品詳細

大隅守広光 (慶応頃、十一代兼定の弟)

新撰組局長、近藤勇の愛刀の作者の一人、大隅守広光の刀です。広光は同じく幕末に活躍した名工十一代兼定の弟であり、新撰組からの注文を受けるなど、京都にて作刀した会津出身の刀工です。兄、十一代の作刀に協力なども行っていたようで、兄弟共に幕末の会津を象徴する刀工です。

本刀は沸づいた刃が特徴的な、すっきりとした直刃の作で、練れた地鉄が美しい同作中でも特に十一代兼定に見紛う出来です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.6cm 0.8cm 0.8cm 3.2cm 0.5cm 2.0cm

幕末  山城  特別保存刀剣 白鞘 78万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時