商品詳細

無銘 (伝 則重)

越中則重は正宗十哲に数えられておりますが、姿や作風を見るに実際は新藤五国光門であったと言われており、正宗と兄弟弟子であったようです。相州伝上工の中で鍛えが一層肌立ち、太いチケイもしきりに入りその地鉄は松皮肌と称されます。刃中の沸のつき方も強いものが多く、その肌と絡まり働きを多く見せてくれます。越中を代表する相州伝上工です。 本作は鎌倉末期の品の良い格好に、地鉄は板目肌に大肌の杢目交じり松皮肌となり、刃文は沸が良く付き、肌と絡んで見事な働きをみせ、砂流、金筋が頻りにかかって覇気が溢れます。さすが相州伝上工の一振りで、則重の実力が遺憾なく発揮された逸品です。

Mumei(Den Norisige)

The late Kamakura period:1299-1333 Etchuu

Tokubetu-Hozon certification by NBTHK

Ha-cho(Edge length)64.4cm  Sori(Curvature)approx.2.6cm

Motokasane(thickness)0.55cm Motohaba(width at Ha-machi)2.75cm

Sakikasane(thickness)0.4cm Sakihaba(width at Kissaki)1.7cm

Sirasaya

The sword is accompanied by an elegant koshirae dating from the late Edo period.

Please contact us!

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
64.4cm 2.6cm 0.55cm 2.75cm 0.4cm 1.7cm

鎌倉後期 越中 特別保存 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時