商品詳細

備前介藤原宗次 慶應元年五月日

精良な地鉄を誇る、固山宗次の名刀です。宗次は当時の江戸きっての人気鍛冶で、多くの高級武士達からの注文に応えておりました。本刀の地鉄は、まるで清麿のような地景が強い作刀で、新々刀とは思えないような鍛えが見事で、出来口もフックラとした匂い口が柔らかく、且つ明るく見事に冴えております。総じて長寸で中心も長い勤皇刀風の姿で、地刃共に見事に冴えた作刀です。新々刀を代表する名刀を御覧下さい。(本阿弥光遜の古鞘書あり。)

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.9cm 1.21cm 0.75cm 3.23cm 0.53cm 2.36cm

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 280万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時