商品詳細

源盛重(金剛兵衛)

左文字と由縁があるという伝説がある金剛兵衛の始祖は少弐氏の抱え鍛冶でもあって鎌倉時代末期ころを 初代として室町時代末期まで続く一門です。また宝満山の山伏鍛冶の出身とも言われており卒塔婆形の中心が有名です。本作は同一派のなかでも古調であり、室町前期の作となります。付属の拵えは幕末の見事な作です。

Minamoto no Morishige(Kongouhyoue)

The Late Muromachi period1492‐1569Chikuzen      

Hozon certification by NBTHK

Ha-cho(Edge length)76.9cm  Sori(Curvature)approx.1.81cm

Motokasane(thickness)0.75cm  Motohaba(width at Ha-machi)3.1cm

Sakikasane(thickness)0.55cm Sakihaba(width at Kissaki)2.1cm

The sword is accompanied by an elegant koshirae dating from the late Edo period.

PRICE JP 1,800,000-

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
76.9cm 1.81cm 0.75cm 3.1cm 0.55cm 2.1cm

室町前期 筑前 特別保存 白鞘 拵付 180万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時