商品詳細

因州住景長(室町中期)

因幡小鍛冶景長と称される景長の刀です。

鎌倉時代、永仁頃の初代景長は通称を「藤左衛門」といい、粟田口吉光門人ではじめ吉正と名乗り、因州移住後に景長と改銘したといいます。作風は本刀のように粟田口風に直刃を焼いて帽子の刃紋は尖り心になるなど、粟田口吉光のような特徴がございます。

「日本刀大百科事典(福永酔剣著)」によりますと景長には「景長の四つの見付き」という記述があります。
一つ目は帽子が「京の来派」に酷似していること。
二つ目に肌目が「粟田口風」であること。
三つ目は沸が「肥後の延寿派」に似ていること。
四つ目は刀姿が、「応永備前の盛光や康光」に見紛うこと。

とあり、端的に本作の特徴を述べられていらっしゃいます。なお本刀の鞘には宮内省の御剣係と知られた本阿弥長識の鞘書があり、伝来が偲ばれます。

 

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.5cm 1.7cm 0.65cm 3.05cm 0.55cm 2.15cm

室町中期 因幡 特別保存 135万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時