商品詳細

作陽幕下士細川正守精鍛(刻印) 慶應三丁卯年二月日

細川正守の刀です。水心子正秀の高弟、細川正義の長男で、父没後に正義銘を襲名し、父の後を継いで津山藩工を務めて明治初年まで作刀しております。高弟中、直胤と双璧と称される父、正義と同じ作風で、相伝備前を最も得意としております。本作は細川丁子の最高峰で、さらに州浜紋の入った作刀当時の太刀拵えが付属しております。内外共に特別保存となっております。

(付属拵)朱石目塗洲浜紋扇文字紋散腰金唐革包鞘太刀拵

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.6cm 1.8cm 0.8cm 3.2cm 0.6cm 2.2cm

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣、刀装具 白鞘、拵付 145万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時