商品一覧


住人忠吉

肥前国住人忠吉作

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘 280万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
62.3cm 1.1cm 0.68cm 3.03cm 0.53cm 2.15cm

本造り庵棟 うぶ茎 中直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。二重刃かかり細かな小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。小杢目肌よく練れよく詰み、小糠肌となる。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。初代忠吉。橋本新左衛門。埋忠明寿に学ぶ。鍋島家抱工。

詳細

九代   大特価

肥前国忠吉

江戸後期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 95万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
68.2cmcm 2.1cmcm 約0.8cmcm 約3.1cmcm 約0.6cmcm 約2cmcm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、湾れて小乱れ交じり喰い違い刃交じる。匂い深く、小沸よくつく。小足、葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。九代忠吉。

詳細

一文字写し、出来見事!

寛造 昭和五十九年四月吉日(慶雲直弘)

現代刀 埼玉 白鞘 45万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.5cm 2.00cm 0.76cm 3.30cm 0.55cm 2.24cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、やや逆がかり華やか。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走り飛び焼きかかり、小足、葉盛んに働く。刃中に金筋かかり、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。慶雲直弘、平成五年作。本名、小島寛。直胤門人、直弘の五代目。

詳細

六代忠吉 肥前刀の逸品!

肥前國近江守忠吉

江戸中期 肥前 特別保存刀剣  白鞘、拵付 85万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
68.4cm 1.96cm 0.75cm 3.0cm 0.45cm 2.02cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じり喰い違い刃交じる。匂いやや深く、小沸よくつく。小足、葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。橋本新左衛門。五代忠吉次男、六代目肥前國忠吉。

詳細

華麗なる涛乱  特価

藤田東作朗繁榮    寛政十一年五月日

江戸後期 丹波 特別保存刀剣 白鞘 48万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.6cm 0.9cm 0.68cm 3.1cm 0.5cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じり、丁子交じり濤乱刃となる。匂い深く、小沸よくつく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。手柄山正繁の弟、丹波篠山住陸奥大掾繁栄。

詳細

初代肥前忠吉、最上作にして最上大業物

武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅
40.3cm 0.90cm 0.75cm 3.12cm

長巻直し造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、湯走り飛び焼きかかる。匂い深く小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋稲妻かかり、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り沸映り立つ。表に独鈷付剣、裏に護摩箸と凡字の彫刻。初代肥前国忠吉。新刀最上作、最上大業物。

詳細

剛健無比、地鉄精美  <出来見事!>

備前介藤原宗次 慶應元年五月日

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 280万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.9cm 1.21cm 0.75cm 3.23cm 0.53cm 2.36cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じり、焼き高く馬の歯状となり華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、細かな金筋刃中にかかる。砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景盛んに入り淡く沸映り立つ。固山宗次、慶應元年作。桑名藩工、新々刀上々作。

詳細

新々刀大鑑所載、傑作!

石堂運寿是一精鍛之 慶應二二年二月日

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.9cm 1.50cm 0.72cm 3.14cm 0.55cm 2.18cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口、フックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり、匂い足入り、葉働く。刃縁に細かな金筋頻りに絡み、砂流しかかり明るく冴える。小杢目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。長運斎綱俊の甥、七代目石堂是一。徳川家御用鍛冶、新々刀上々作。慶應四年の作品。

詳細