商品一覧


大和傳

三原住人貝正直作 天正二年二月吉日

室町後期 備後 藤代鑑定 白鞘、拵付 38万円

刃長39.5cm 反り0.8cm 重ね0.75cm 元幅2.8cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、喰い違い刃交じりややほつれる。匂い口やや締まり心に小沸よくつく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。柾目肌よく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ映り立つ。

詳細

勤皇刀

應岡田賀備需 佐々木源吉国造  元治元子年二月日

江戸後期 陸奥 藤代鑑定 保存刀剣 白鞘 58万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
76.3cm 0.6cm 0.7cm 2.9cm 0.6cm 2.4cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに小乱れ、二重刃交じる。匂い深く小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌よく詰み、地沸微塵につき、細かな地景よく入る。勤皇刀。

詳細

織田信長の刀鍛冶

兼房 (若狭守氏房)織田信長抱え鍛冶

室町後期 美濃 特別保存刀剣 白鞘、拵付 85万円

刃長33.9cm 反り0.6cm 重ね0.55cm 元幅3.0cm

平造り庵棟、うぶ茎。互の目丁子乱れに尖り状の刃交じり、焼き華やかに兼房乱れとなる。匂いやや深く小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。僅かに金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。表に細樋、裏に腰樋の彫刻。関善定一派、兼常門兼房の子。若狭守氏房、良業物。藤代鑑定優良作、戦国期の寸延び短刀の典型作。

詳細