商品一覧


小烏丸造りの古青江

無銘(古青江)

鎌倉初期 備中 特別保存刀剣 白鞘 230万円

刃長 反り 元重 元幅 先幅
78.9cm 2.5cm 0.7cm 3.15cm 2.0cm

小烏丸造り庵棟 磨上茎。湾れに互の目、小互の目、小丁字交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に明るく見事に冴える。小板目肌、小杢目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、小糠状の肌となり、地班映り鮮明立つ。古青江。

詳細

十一代兼定    商談中

会津士 和泉守藤原兼定(十一代兼定)慶應三丁卯年八月日

幕末 陸奥 特別保存 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

刃長 反り 元重 元幅
39.8cm 0.9cm 0.75cm 3.0cm

平造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、湾れる。匂い口フックラと小沸つく。足葉頻りに働き、金筋刃縁に絡む。砂流しかかり明るく見事に冴える。板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。
十一代兼定。

詳細

千子正真

正真(千子)

室町後期 伊勢 特別保存刀剣 白鞘 165万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.6cm 2.4cm 0.55cm 3.05cm 0.45cm 2.85cm

本造り庵棟、磨上茎。湾れ乱れに互の目交じり、腰刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉頻りに働き、細かに金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。千子正真。

詳細

川越の名工

於東武英義 安政四年八月日 (藤枝太郎英義)

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣、刀装具 白鞘、拵付 125万円

刃長24.2cm 反りナシ 重ね0.85cm 元幅2.6cm

本造り庵棟、うぶ茎。湾れに互の目、小乱れ交じる。匂い深く小沸よくつく。小足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌に杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り鉄冴える。細川正義の門。

詳細

新々刀上々作

作陽幕下士細川正義  安政五戌午年孟春造

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘、拵付 145万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.4cm 1.4cm 0.7cm 3.1cm 0.6cm 2.5cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、大房の丁子交じり飛び焼き交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足よく入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかる。匂い口、明るくよく冴える。杢目肌に板目交じりよく詰み、肌物状にやや肌立つ。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。細川正義。

詳細

備前一文字伝の傑作  売約済

周防國 杉田善昭作  祝還暦(以下 注文銘)

現代刀 山口   白鞘 参考品

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.0cm 2.6cm 0.75cm 3.61cm 0.58cm 2.55cm

本造り庵棟、うぶ茎。 重花丁子乱れ、やや逆がかり焼き高く華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足盛んに入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ乱れ映り鮮明に立つ。平成八年の作品。本名、杉田昭二。川島忠善の門、受賞多数。

詳細

大特価

筑州山王住宗勉作 昭和六十年二月吉日 

現代刀 福岡  無鑑査 白鞘 85万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.2cm 2.0cm 0.68cm 3.28cm 0.5cm 2.38cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、浅く湾れてやや逆がかり沸筋交じる。匂い深く、小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足よく入り葉働く。刃縁に細かな金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。宗正光の子、無鑑査。昭和六十年作、出来良し。

詳細

古名作!

宇多國宗

南北朝  加賀  特別保存刀剣 お問い合わせ下さい

刃長30cm 反り ナシ 重ね0.64cm 元幅2.73cm

平造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、金筋よく絡み打ちの毛かかり、砂流し頻りにかかる。匂いやや深くよく沸づく。板目肌、杢交じり、地鉄よく練れる。地沸微塵に厚くつく、地景顕われ、地刃共によく冴える。表に梵字、裏に護摩箸の彫刻。宇多國宗。

詳細

初代肥前忠吉、最上作にして最上大業物

武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)(宗長彫)

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 165万円

刃長 反り 元重 元幅
40.3cm 0.90cm 0.75cm 3.12cm

長巻直し造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、湯走り飛び焼きかかる。匂い深く小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋稲妻かかり、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り沸映り立つ。表に独鈷付剣、裏に護摩箸と凡字の彫刻。初代肥前国忠吉。新刀最上作、最上大業物。

詳細