商品一覧


打刀拵え

江戸中期 20万円

全長 約101cm  柄長 約24cm

古色溢れる幕末の打刀拵です。堅牢で実用的で尚且つ古く美しい金具が使われた入念作です。柄巻は一貫巻で縁頭は龍図、目貫はまことに珍しい獅子と龍の金具です。朱塗りの鞘には、織田信長公の家紋として有名な桔梗の家紋が入っているよう […]

詳細

助広高弟

近江守高木住助直作

江戸中期 摂津 特別保存刀剣 白鞘、拵付 68万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.5cm 1.10cm 0.76cm 3.32cm 0.43cm 2.24cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて喰い違い刃交じる。匂い深く、小沸よくつく。小足入り葉働き、刃縁に金筋絡む。細かな砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、杢交じりよく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。助広の妹婿、三代目助広。新刀上々作、良業物。見事な拵付き。

詳細