商品一覧


豪壮、一文字伝の名刀 

豊後守源正全

詳細

江戸前期 尾張 特別保存刀剣  白鞘、拵付 85万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
56.2cm 1.8cm 0.77cm 3.25cm 0.52cm 2.28cm

本造り庵棟、うぶ茎。 腰の開いた互の目乱れに大房の丁子交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、小足、葉よく入る。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。板目肌に杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。豊後守正全、本国美濃。業物、出来見事。

長船兼光写しか、珍重!!

泰龍斎宗寛造之 文久二年二月日

詳細

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘 145万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
45.3cm 1.06cm 0.77cm 3.14cm 0.60cm 2.80cm

本造り三ツ棟、うぶ茎。 丁子乱れ、やや逆がかり華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足盛ん入り葉働く。細かに金筋、砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、杢交じり錬れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ乱れ映り鮮明に立つ。固山宗次の高弟、下総古河藩工。阿武隈川宗寛、刃味優れる。

助広高弟

近江守高木住助直作

詳細

江戸中期 摂津 特別保存刀剣 白鞘、拵付 155万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.5cm 1.10cm 0.76cm 3.32cm 0.43cm 2.24cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて喰い違い刃交じる。匂い深く、小沸よくつく。小足入り葉働き、刃縁に金筋絡む。細かな砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、杢交じりよく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。助広の妹婿、三代目助広。新刀上々作、良業物。見事な拵付き。

中河内の弟、湾刃見事

伊勢守国輝 元禄十五年二月日

詳細

江戸中期 摂津 特別保存刀剣 白鞘 145万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
56.1cm 1.80cm 0.64cm 2.95cm 0.48cm 2.10cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目、小乱れ交じる。匂い深くよく沸づく。足、葉働き、刃縁に金筋頻りにかかる。砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入る。中河内の兄弟。

図録薩摩の刀と鐔所載、昭和名物

薩州住藤原正盛

詳細

江戸中期 薩摩 特別保存刀剣 白鞘 115万円

刃長40.6cm 反り0.6cm 重ね0.7cm 元幅3.3cm

平造り庵棟、うぶ茎。湾れに互の目交じり、返り深く皆焼き風となる。匂い深くよく沸づく。湯走り飛び焼きかかり、足葉働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。主水正藤原正清の門。図録薩摩の刀と鐔(福永酔剣著)所載、昭和名物指定品。

初代肥前忠吉、最上作にして最上大業物

武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)

詳細

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 250万円

刃長 反り 元重 元幅
40.3cm 0.90cm 0.75cm 3.12cm

長巻直し造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、湯走り飛び焼きかかる。匂い深く小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋稲妻かかり、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り沸映り立つ。表に独鈷付剣、裏に護摩箸と凡字の彫刻。初代肥前国忠吉。新刀最上作、最上大業物。

新々刀最上作、義胤彫りの名品

荘司筑前大慶直胤(花押) 文政十一年仲春 菊池保定佩之 

詳細

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘 450万円

刃長40.3cm 反り0.8cm 重ね0.75cm 元幅3.46cm

平造り三ツ棟、うぶ茎。腰開きの互の目乱れに丁子交じり、湯走り交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。匂い足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく見事に冴える。板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り映り立つ。表に倶利伽羅の浮彫、裏に独鈷付剣の彫刻。水心子正秀の高弟、新々刀最上作。代表的名作。

新々刀上々作

次郎太郎藤原直勝 天保十二二年仲春

詳細

江戸後期 武蔵 保存刀剣 白鞘、拵付 35万円

刃長14.8cm 反りナシ 重ね1cm(ケラ首 幅1.45cm 重ね1.63cm) 元幅1.91cm

平三角、うぶ茎。 直調子に小互の目交じり、ややほつれる。匂い口フックラと小沸つく。湯走りかかり、小足、葉働く。細かな金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景入り淡く映り立つ。平地に棒樋の彫刻。直胤の門人、後に養子となる。館林藩工、新々刀上々作。

細川忠興公御用鍛冶

大和守藤原宣貞 豊州小倉住

詳細

安土桃山 豊前 保存刀剣 白鞘 75万円 

刃長22cm 反りナシ 中心重ね1.1cm(ケラ首1.5cm)
元幅2.7cm(重ね1cm) 最大幅16cm(重ね0.87cm) 先幅2.5cm(重ね0.7cm)

十文字造り、うぶ茎。 互の目乱れ、丁子交じりやや掃き掛ける。匂い深く、よく沸づく。細かな金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。貴重な十文字槍の作、出来良し。

生ぶ中心、在銘の古名刀!

備州長船家守 応永十年十月日

詳細

室町初期 備前  重要刀剣  白鞘  750万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.5cm 1.90cm 0.80cm 3.02cm 0.48cm 1.90cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、小丁子交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。匂い足入り葉働き、細かな金筋、砂流し僅かにかかる。匂い口、明るく柔らかに冴える。小板目肌に杢交じり、よく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ乱れ映り立つ。長船義景の門、小反り一門の代表工。第29回重要刀剣。