商品一覧


無鑑査、丁子刃見事!

武蔵住國家作 應○○氏需平成十六年秋吉日

詳細

現代 東京  無鑑査 白鞘、拵付 150万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.6cm 1.7cm 0.76cm 3.2cm 0.55cm 2.27cm

現代の名工、吉原國家刀匠の傑作です。まるで一文字のような見事な出来の逸品で、美しい拵えもついております。 <吉原國家>(東京都指定無形文化財)(無鑑査)

相州伝見事!

波平安周

詳細

江戸中期 薩摩 特別保存刀剣  白鞘 145万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.2cm 1.1cm 0.75cm 3.3cm 0.51cm 2.1cm

本造り庵棟、うぶ茎。 広直調子、浅く湾れて小互の目、尖り状の刃交じる。匂い深く小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉盛んに働く。刃中に金筋、稲妻よく入り、砂流し頻りにかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く沸映り立つ。波平59代目。大和守安行の孫。正清の如し、出来良し。

大特価

筑州山王住宗勉作 昭和六十年二月吉日 

詳細

現代刀 福岡  無鑑査 白鞘 85万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.2cm 2.0cm 0.68cm 3.28cm 0.5cm 2.38cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、浅く湾れてやや逆がかり沸筋交じる。匂い深く、小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足よく入り葉働く。刃縁に細かな金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。宗正光の子、無鑑査。昭和六十年作、出来良し。

新刀 上々作、大業物

越後守包貞

詳細

江戸前期 摂津 特別保存刀剣 白鞘、拵付 155万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
64.5cm 1.51cm 0.67cm 3.18cm 0.52cm 2.2cm

本造り庵棟 うぶ茎 互の目乱れ、大房の丁子交じり喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。足、葉入り働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。二代包貞。坂倉言之進照包同人。新刀 上々作、大業物。

会津の名工

元興入道松軒作  文久二年八月日

詳細

江戸後期  陸奥  特別保存刀剣 白鞘、拵付き 220万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.8cm 1.7cm 0.82cm 3.24cm 0.54cm 1.92cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、丁子交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。会津の名工。

陸奥守忠吉による代作 商談中

肥前国住近江大掾藤原忠広

詳細

江戸前期 肥前 特別保存刀剣  白鞘、拵付 115万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.7cm 1.36cm 0.68cm 3.17cm 0.49cm 2.16cm

本造り庵棟、磨上茎。 中直刃、僅かに湾れる。匂い深く小沸よくつく。小足入り葉働き、細まかに金筋砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、杢交じり小糠状となりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り鉄冴える。新刀上々作、大業物。豪壮、陸奥守忠吉による代作代銘。出来見事。

重花丁子刃見事! 大特価

於越後國大野義光作之  平成元年春吉日 為○○家重代

詳細

現代刀 東京 無鑑査  白鞘 195万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
72.1cm 1.9cm 0.74cm 3.4cm 0.56cm 2.7cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、焼き高く華やかに重花丁子乱れとなる。匂い口、フックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり、匂い足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ映り立つ。大野義光、無鑑査。高松宮賞、他受賞多数。平成元年作。

吉野朝の太刀、乱れ映り鮮明に立つ

備州長船守助(小反り)

詳細

南北朝時代 備前 重要刀剣  白鞘 680万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.75cm 1.55cm 0.65cm 2.97cm 0.45cm 1.80cm

本造り庵棟、磨上茎。 小互の目乱れ、湾れて小丁子交じりほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足入り葉働き、細かな金筋刃中にかかる。砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り鮮明に立つ。備前長船、小反り一派。太刀、第49回重要刀剣。

生ぶ中心、在銘の古名刀!

備州長船家守 応永十年十月日

詳細

室町初期 備前  重要刀剣  白鞘  750万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.5cm 1.90cm 0.80cm 3.02cm 0.48cm 1.90cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、小丁子交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。匂い足入り葉働き、細かな金筋、砂流し僅かにかかる。匂い口、明るく柔らかに冴える。小板目肌に杢交じり、よく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ乱れ映り立つ。長船義景の門、小反り一門の代表工。第29回重要刀剣。

山城大掾藤原国包 寛永四年十月吉日

詳細

安土桃山 陸奥  重要刀剣 白鞘、拵付き 1200万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70cmcm 1.3cmcm 0.69cm 2.9cmcm 0.68cm 2cmcm

本造り庵棟、うぶ茎。中直刃に湾れ、小互の目交じり喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。小足葉よく働き、刃縁に金筋よく絡み、砂流しかかり明るく冴える。柾目肌よく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕われ、淡く映り立つ。大和國保昌一派の子孫という。初代國包。