商品詳細

泉州住正清作 (加賀四朗)

泉州堺を鍛刀の地とした加賀四郎派の代表工である正清の刀です。加賀四朗と称される清正は備後より室町期に堺に移住したといい、資正一門より残されている作刀がとても少なく貴重です。

泉州、堺において製作された刀剣は、重要な商品として商業都市、堺の発展の一翼を担い、 また製作技術等の蓄積は、戦国時代の趨勢を左右したといわれる鉄砲製作の基盤ともなり、 現代に続く堺の金属産業発展の礎の一つになったと考えられます。 本刀はまさに堺の、ひいては日本の歴史を象徴する文化的遺産の一つです。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.1cm 1.8cm 0.65cm 3.1cm 0.4cm 2cm

室町中期 和泉 保存刀剣 白鞘 拵付 58万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時