商品詳細

相模守藤原政常

安土桃山時代(慶長新刀)の短刀の名手、相模守政常です。政常は美濃国関兼常の八代目の次男で、始め兼常と名乗りましたが永禄十年に独立して名を政常と改め小牧に移住しました。天正十年の小牧・長久手の役には徳川家康に槍百筋を納めて銀子を賜わっています。その後、天正二十年五月十一日に相模守を受領しています。また、福島正則の抱え工としても有名です。作品は天正、慶長年代に多く、この刀の様な寸延び短刀に名作が多いと言われています。槍、薙刀等も得意としており、武将達の為に当時最も実用に供された業物を造っております。また樋など簡素な彫刻等も手掛けており、この短刀に見る様にとてもバランスが良いです。

地肌の鍛えはよく詰んだ小板目に、柾が交じり白気映りが立ち鉄が冴えて強いです。刃紋は直刃が締まり心にやや湾れて小互の目が交じり、よく冴えています。

安土桃山 尾張 特別保存刀剣 白鞘、拵付 45万円

刃長29.5cm 反りナシ 重ね0.55cm 元幅2.7cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時