商品詳細

肥前国住近江大掾藤原忠広

新刀を代表する刀工、近江大掾忠広の刀です。近江大掾忠広は初代肥前国忠吉の子で二代忠吉に当たり、鍋島藩の後援の下で肥前刀を古刀時代の備前長船の様な一大ブランドに成長させました。その結果、現存する新刀の半分以上を忠広率いる肥前刀が占めており、当時の人気の高さが偲ばれます。人気が高い理由には作刀の水準が高い上に切れ味が優れており、近江大掾忠広は山田浅右衛門により大業物に選ばれています。

本刀は三代目の陸奥守忠吉による代作で、姿は身幅が広く、反りは深めの豪壮な太刀姿で、華麗な刃紋が力強く、覇気があります。地肌は精良な地鉄の代名詞とされる肥前刀のまさに小糠肌が顕われています。刃はアブの目のある互の目丁子で、刃紋の谷の匂い口は深々と帯状となり、所謂、肥前丁子と呼ばれる出来です。中心は生ですが僅か一寸ほど区送りとなっております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.9cm 1.11cm 0.75cm 3.25cm 0.55cm 2.25cm

江戸前期 肥前 特別保存刀剣 白鞘 125万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時