商品詳細

無銘(長船重真)

南北朝中期を代表する名工、備前長船重真の太刀です。重真は兼光と並び称される元重の弟で、活躍期は鎌倉末期の嘉暦から南北朝中期の延文頃に及び、文和四年紀の太刀などが知られます。 姿は腰反りで、鋒から茎尻まで美しい構成線を成しており、生ぶの樋がさらに古風で格調高い造り込みをあらわしています。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
63.0cm 1.3cm 0.65cm 3.1cm 0.6cm 2.3cm

南北朝時代 特別保存 備前 白鞘、拵付 98万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時