商品詳細

備州長船守元 貞治□年四月日

守元は初代は長船兼光の門人で、時代は南北朝期の貞治から応安頃の長船の名工です。南北朝時代、貞治年紀入りの希少な一振りです。

作域は概ね相伝備前と言われる兼光一門と同様で、地肌は大板目に柾目が交じった練れた肌で、地沸強く地景が細かに入った鍛えに、刃紋は小互の目乱れを焼いて匂いが深く、刃縁には砂流しが華やかに入った備前刀の名作です。

刃長 反り 元重 元幅
35.8cm 0.4cm 0.5cm 3.2cm

南北朝時代 備前 特別保存 白鞘 拵付 お問い合わせ下さい

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時