商品詳細

信国

信国の健全な乱れ刃の寸延び短刀(脇差)です。信国は来一門の了戒系の刀工で相州貞宗に学んだと伝え、延文・貞治の年紀のあるものを初代としています。同銘が室町初期まで数工おり、いずれも同時期の山城伝の名工でありまた彫刻上手でも知られています。

本作は地刃健全な応永頃の作で、直刃が多い同作中でも珍しい乱れ刃が見事です。沸出来の華やかな刃紋はまさに相州秋広、広光を想起させます。

刃長 反り 元重 元幅
34.5cm 0.25cm 0.65cm 2.6cm

室町初期 山城 重要刀剣 白鞘、拵付 お問い合わせ下さい

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時