商品詳細

固山宗次作 天保十三年二月日

相伝備前の兼光に倣ったとも思われる固山宗次の脇指です。当時の高級武士達からの注文で宗次は多数に及ぶ備前の古名刀の再現を試みており最も有名なものは小龍景光写しです。この脇指は刃紋だけではなく、地鉄もまるで古名刀の様な働きもあり、且つ見事な地景も顕われた新々刀とは思えない鍛えです。出来口もフックラとした匂い口が柔らかく、さらに明るく見事に冴えております。なお地鉄の地沸は本歌より強く顕われており、切れ味を高めている様です。その証拠に宗次は裁断銘入りが多く、試刀術で有名な山田家の指導を受けていたそうです。また付属の拵えは大名物の上品なもので、内外共に高級武士の為の指料として相応しい作りになっております。新々刀を代表する名刀を御覧下さい。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
44.0cm 1.21cm 0.73cm 2.93cm 0.48cm 2.20cm

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘、拵付 155万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時