商品詳細

兼常

兼定、兼元とならぶ美濃国関を代表する兼常の寸延び短刀(脇差)です。本刀は関伝得意の小互の目乱れが古調でよく冴えており、戦国期の関を代表する作品です。

兼常は大和千手院の系統といい、関七流の奈良派とされて各代が名工揃いです。そのあまりの斬れ味に「手棒兼常」という異名で呼ばれた他、元亀二年七月に織田信長より関鍛冶総領事の称を貰い関鍛冶の頭領となったことも知られます。よく知られる名作には「中川左平太試銘」という裁断銘入の本多忠勝の子、忠為所持の脇差のほかに、備中国の武将、三村氏の家臣「石川久智所持」の天文兼常の短刀があり、天正十二年には小牧、長久手の戦に於いて徳川家康公の求めで槍百筋を造ったと伝えられており、その品質に多くの武将が信頼をおいており、当時において孫六や兼定に比肩する実力と知名度をもっていました。

室町後期 美濃 保存刀剣 白鞘 19万円

刃長30.7cm 反り0.3cm 元幅2.8cm 重ね0.45cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時