商品詳細

和泉守兼定(十一代兼定) 明治三年二月

新選組副長、土方歳三の愛刀と知られる<名工>和泉守兼定(十一代兼定)の短刀です。明治三年の年紀があり、松平容大公へ御守刀を献上したすぐ後の作です。所謂、「加茂打ち」の最初期の作です。
本作の作風は先祖である之定を思わせるような出来で、刃がまことに見事に冴え、兼定の最高傑作の一振りです。

幕末 陸奥 特別保存刀剣  白鞘 お問い合わせ下さい

刃長23.3cm 反りナシ 重ね0.62cm 元幅2.2cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時