商品詳細

備州長船祐定 元亀二年ハ月

末備前の雄、長船祐定の優作です。本刀は俗名がないながら豪壮で出来が良く、一見して特注作と分かるものです。祐定は清光とならんで、末備前を代表する刀工であり、その中でも本刀作刀時の代表工である源兵衛尉祐定は与三左衛門の後を継いで戦国時代に大いに活躍しました。

 本刀は豪壮で鋭い利刀造りに刃紋は湾れに互の目が交じった覇気溢れる作刀です。また地鉄は練れて強く冴え、匂い口は小沸勝ちの明るい刃が柔らかく冴えます。なお付属の拵は幕末の打刀拵です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.4cm 2.1cm 0.85cm 3.3cm 0.6cm 2.5cm

室町後期 備前 保存刀剣 白鞘、拵付 75万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時