商品詳細

越後守(以下切れ)越後守包貞(坂倉言之進照包)

坂倉言之進照包の前銘、二代越後守包貞の豪刀です。照包は手掻一派の流れをくむ文殊一派の出身である越後守包貞の二代目であり、作品の多くは越後守包貞と銘を切ります。後には三代包貞に後を譲って照包と改銘します。大阪新刀を代表する名工で、涛乱刃の他、直刃や丁子刃などを焼いて活躍し、本刀は丁子刃の傑作です。姿は長寸で身幅広く豪壮で、地鉄は強く綺麗な地鉄で、刃紋は互の目丁子が焼き高く華やかで、矢筈風の尖り状の刃が交じります。まさに包貞らしい、勢いのある見事な覇気のある出来になっております。匂い口はまことに深々と冴えて、出来口は助広に迫り、まさに大阪新刀の真骨頂です。さらに本工は切れ味も名高く、大業物となっております。刀剣と歴史(刀剣保存会会報)所載品。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.2cm 0.96cm 0.75cm 3.15cm 0.5cm 2.1cm

江戸前期 摂津 保存刀剣 白鞘、拵付 95万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時