商品詳細

備州長船春光作 主新蔵  天文二十二年八月日

戦国時代後半、まさに戦火の真っ只中で作刀された備前春光の傑作です。末備前中でも豪壮かつ入念な作刀です。
戦国時代に活躍した備前長船で主要を占める末備前は丁子刃の他(俗に蟹の刃)、湾れ、互の目、直刃、皆焼、など各種刃紋を見ますが、本刀のような直刃出来は特に地鉄が見事です。本刀の出来は殊に地鉄の杢目肌が練れて美しく、刃紋は直調子の湾れに小乱れが交じり、小沸がびっしりと良くついています。匂い口は締り心にとても細かに柔らかく、且つ見事に明るく冴えており、出来口は与三左衛門祐定を見るかのようです。姿は身幅広く長寸で豪壮であり、且つ利刀造りで鎬が厚く、注文銘がある代表作です。

刃長 反り
64.8cm 2.12cm

室町後期 備前  保存刀剣  白鞘  190万円

この商品に関するお問い合わせ

お問い合わせはTEL:0480-58-0224でも受け付けております
(10〜18時・火・水曜日をのぞく)