商品詳細

備州長船則光 文明三年八月日

室町期を代表する名工、長船則光の本造り脇差です。則光は初代を長光の門人とされ名鑑ではこれを初代としますが、最も活躍したのは俗名を五郎左衛門尉とされるこの六代目の則光です。良業物とされ、戦国時代では同作の作品を巡って戦が起こったという程の名工です(負けなしの武将ともいわれた甲斐宗運の愛刀、茶臼剣)。本作は同作中でも精良な鍛えに映りが美しい逸品です。<刀苑社 村上孝介先生(剣掃)の鞘書きと鑑定書あり>

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
50.1cm 1.2cm 0.7cm 2.6cm 0.4cm 1.6cm

室町中期 備前 特別保存刀剣 白鞘 58万円

この商品に関するお問い合わせ

お問い合わせはTEL:0480-58-0224でも受け付けております
(10〜18時・火・水曜日をのぞく)