商品詳細

会津住道辰 慶應二年二月日

幕末の陸奥の刀工、会津道辰の作品です。会津と共に会津新々刀を代表する名工です。初代は宝永頃、以後同銘で6代続き幕末まで活躍します。本作は年紀により六代道辰の作であり、本工は名を中条藤之進と称し、松軒元興門人といいます。師である元興や和泉守兼定と共に会津藩の奮闘を支えた刀工の作品です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
42.7cm 0.8cm 0.65cm 2.8cm 0.6cm 2.5cm

江戸後期 陸奥 保存刀剣 白鞘 19万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時