商品詳細

雁金透阿弥陀鑢金網文鍔 伊予正阿弥

本作は正阿弥の一派の作で且つ、伊予国で作られた伊予正阿弥の作です。正阿弥一派は室町末期の京で始まり、初期のものは古正阿弥と称される他、伊予、阿 波、会津など各地に分派が生じ、鉄地に金象眼や色絵を施した作品が多いです。

本作は鍛えのよい透かし鍔に、真鍮の覆輪など美しい飾りがついた稀に見る逸品です。

江戸前期  無銘 保存刀装具 箱入り 8万円

縦8.4cm 横8.3cm 切羽台厚み0.46cm 大きさ2.8cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時