商品詳細

丹後守兼道 (菊紋)一 生鍛以完栗鉄造之

二代丹後守兼道が作刀した脇差です。本工の俗名は「喜平次」で、初代丹後守兼道の子です。初代は簾刃など慶長新刀の作風で、二代は匂が深い直調の刃紋や、華やかな濤瀾刃など、当時の大阪新刀の最先端の作風で助広真改の次代を担いました。本作は華やかな丁子が美しく、俗に菊一文字の作とも言われる一文字に倣った特注品で、「播磨の穴栗鋼」という貴重な鉄を用いて造られております。

<播磨の穴栗鋼について>

「千種鉄の流通と刀剣(木村拓生)」という題名で兵庫県立歴史博物館のページにて詳しい論文が発表されております。

ひょうご歴史研究室紀要

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
52.8cm 1.2cm 0.65cm 3.5cm 0.55cm 2.2cm

江戸前期 摂津 特別保存刀剣 白鞘 48万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時