商品詳細

泰龍斎宗寛造之 文久二年二月日

固山宗次の高弟、泰龍斎宗寛の脇指です。宗寛は門下中きっての名工であり、宗次の代作も多く行ったようです。作刀は宗次同様の備前伝を造っておりますが、その作風はさらに豪壮で迫力のある利刀を造っております。なかでも本刀は鮮明な美しい映りが顕われ、逆がかった華やかな丁子刃が華やかで見事です。平打ちの脇指は大変貴重で、且つ本刀はその中で最も長寸と思われます。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
45.3cm 1.06cm 0.77cm 3.14cm 0.60cm 2.80cm

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘 145万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時