商品詳細

武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)(宗長彫)

武蔵大掾忠広の宗長彫入りの名品です。初代肥前忠吉の後期の銘で、五字忠吉と呼ばれる最上作である日本刀を代表する名工です。古来より初代忠吉の直刃の傑作は前期の住人銘に、丁子の傑作は武蔵大掾銘にあるとされています。本刀はまさに姿や彫も一点ものの特別注文品であり、匂い口がまことにフックラと冴えて見事な出来です。江戸前期の質実剛健な雰囲気が強く残る、武辺で古い拵が付属します。

刃長 反り 元重 元幅
40.3cm 0.90cm 0.75cm 3.12cm

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 165万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時