商品詳細

駿州島田住義助作

天下三名槍「御手杵」の作者と知られる島田(嶋田)義助の大変珍しい両刃造りです。島田義助は古刀銘尽大全では初代は康正とありますが現存する作を見ることはできず、二代を永正頃とし三代は天文頃としております。「御手杵」で知られるように槍の名手としても島田一派は技量が高く人気があり、同銘後代が幕末まで続いております。総じて作風は美濃伝を基本に備前風や相州風の作もあり、今川家をはじめ結城や武田からなど、錚々たる大大名からの注文もこなしております。本作はそのような貴重な戦国期の義助の両刃造りの短刀で、天下の名槍を彷彿とさせる名品です。地肌は杢目が美しく鍛えられており、刃紋は之定風の湾れが美しい互の目刃です。状態も健全であり、戦国時代にあっては有力な戦国武将の差料だっただろうことは想像に難くない逸品です。このご機会に戦国の名作を是非ご覧下さい。

駿遠豆三州刀工乃研究、鑑刀日々抄(続)所載品。

室町後期 駿河 特別保存 白鞘 155万円

刃長20.3cm 反りナシ 元幅1.8cm 重ね0.7cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時