商品詳細

越後国住今井貞六作之  昭和拾三年八月吉日

貞六刀匠は、本名を今井弥一といい、天田貞吉の門人にして、陸軍受命刀匠となり、新潟県北蒲原郡において鍛刀されました。晩年は師匠である天田貞吉の代作代銘も行っていたようです。国工院名誉宗匠の他、新作刀展金銀杯、特賞などを重賞した昭和の名工であり、越後湯沢温泉ホテル社長としても知られました。

本作は昭和13年に作刀された一振りです。鞘を払った重さ、約890g。スッキリとした直刃が頃合いです。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.8cm 1.5cm 0.65cm 3.35cm 0.45cm 2.1cm

現代刀 新潟  拵入 29万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時