商品詳細

備州長船祐光 嘉吉三年八月日

応永備前から末備前の中間に位置する長船正系の名工である、六郎左衛門尉祐光の脇差です。祐光は小反一派の利光の子で、右京亮勝光、左京進宗光兄弟の父にあたります。永享から文明頃にかけて活躍し、同時期には「寛正則光」で知られる五郎左衛門則光がおり、作風、銘ぶりが似ており同族と思われます。作風は本刀の様に則光と比べてますとやや優しい姿で、来物に見るような宝刀然とした気品がございます。本作は同作中でも応永備前の康光、盛光と同様の作柄で、出来も比肩しており、同工の技量を十分に示した作品です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
55.7cm 1.21cm 0.65cm 2.75cm 0.4cm 1.6cm

室町中期 備前 特別保存  白鞘   68万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時