商品詳細

濃州八幡住兼圀作之   昭和五十三年二月吉日

本名を尾川邦彦、通称尾川兼国、無鑑査の名工です。刃物の町として鎌倉時代から続く岐阜県、関市を代表する刀工です。国構えの中を八方と書く故に通称は八方兼圀(ハッポウカネクニ)と呼ばれております。

本刀は身幅が広く長寸で迫力があり、肌は板目が練れて柾が入りよく詰んでいます。刃紋は互の目乱れに足が入り、刃紋に動きがあって長い金筋が稲妻のように長く入ります。総じて南北朝時代の美濃物を見るかの様な姿で、同作の中でも特に地鉄が美しく顕われ刃が明るく冴えて出来が良いです。現代に於ける堂々たる美術刀剣の傑作です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
72cm 1.6cm 0.75cm 3.47cm 0.53cm 2.45cm

現代刀 岐阜   白鞘、拵付 65万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時