商品詳細

二王清綱作

二王清綱の脇差です。二王は鎌倉時代の初代清綱をはじめとして周防に栄えた刀工郡で街道を一とする三原と共に、大和国の荘園があった関係で大和伝の作風となっています。同一門は室町時代が最盛期で、代表工である清綱を筆頭に清永、清景、清貞が知られます。

本作は永正頃の清綱で地鉄は板目が流れて映りがあり、刃紋は直刃を焼いており、室町期の二王の特徴がでています。

刃長 反り 元重 元幅 先幅
41.5cm 0.9cm 0.54cm 2.75cm 1.9cm

室町後期 周防 保存刀剣 白鞘 拵入 19万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時