商品詳細

次郎太郎藤原直勝 天保十二二年仲春

幕末の名工、直勝の槍です。直勝は通称、次郎太郎直勝といい直胤の門人で後に養子になっています。水心子正秀、直胤、直勝と続く新々刀の名門で、備前伝の名人であり直胤に劣らぬ名工です。本作は実戦向きの比較的短いもので、手槍とも呼ばれます。赤穂浪士の討ち入りの話にも柄が短い手槍を戦いに備えた浪士の描写がありますので、使いやすさから多用されたことが分かります。実際、短かいおかげで取り回しがよく、飾るにも適しています。刃紋は古調な直刃であり、刃は細やかな出来を楽しめます。刃中に細かい金筋がかかってほつれたり、地鉄はよく詰んで地景が入ります。さらに匂い口は柔らかく、フックラとしております。また中心には美しいヤスリが確認でき、伝来の良さが偲ばれます。名工が手がけた武士の表道具たる名槍をこのご機会にご覧下さい。

江戸後期 武蔵 保存刀剣 白鞘、拵付 35万円

刃長14.8cm 反りナシ 重ね1cm(ケラ首 幅1.45cm 重ね1.63cm) 元幅1.91cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時