商品詳細

河内守国助(二代)

二代河内守国助は初代国助の子で、初代と三代の間となる為に中河内と呼ばれている大坂新刀を代表する名工です。通称、新刀一文字とも呼ばれており、本作も「拳形丁字」と称される中河内の特徴である拳状の丁子刃が華やかに焼かれた典型作です。寸法からも大阪の豪商の特注と思われ、付属の拵えも綺麗です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
63.3cm 1.2cm 0.78cm 3.3cm 0.6cm 2.3cm

江戸前期 河内 特別保存刀剣 白鞘 拵付 95万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時