商品詳細

長曽祢虎徹興正

虎徹の二代目、長曽祢興正の刀です。興正は長曽祢虎徹の弟子で、俗名を庄兵衛といい養子または実子とも言われております。興里と同様に最上大業物の名工として知られており、稀に本作のように銘に虎徹と切るものがあって虎徹の二代目にして代作者として知られます。興里は東叡山忍岡辺と鍛冶場の場所を銘文に切りますが、興正も同じ銘を切っておりますので同居して鍛刀していたと思われ、自身銘の作刀が少ないのは父の代作が多かった為と言われております。本作は父に似て反りの浅い姿に地鉄は鉄が冴えた板目肌で、刃紋は湾たれに互の目が交じって刃中に足が入り、匂い口は深々と小沸をつけて明るく冴えて見事であり、虎徹の名を継ぐに相応しい素晴らしい出来です。西の助広、真改に対する東の名工の作をご覧下さい。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
61.5cm 1.21cm 0.7cm 3.2cm 0.45cm 2.3cm

江戸前期 武蔵 特別保存刀剣 白鞘 360万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時