商品詳細

守久 (長船 時代南北朝末期乃至応永)

南北朝の争乱で活躍した、小反り一門の長船守久の小太刀です。銘鑑によりますと守久の活躍期は貞治から応永頃とされ、本作は特に優美な太刀姿が美しい逸品です。日光二荒山神社の来国俊の小太刀のような鎌倉時代の作に倣って造られたような逸品です。作風は板目肌が練れて地景が顕われ平地には乱れ映りが鮮明にたって、すっきりとした直調子の焼刃が匂深く冴えています。明治頃の美しい太刀拵が付属している長船守久の現存稀有な小太刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
61.4cm 1.8cm 0.65cm 2.7cm 0.4cm 2.15cm

南北朝 備前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 175万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時