商品詳細

三原住人貝正直作 天正二年二月吉日

三原在銘、貝三原派、正直の脇差です。大和伝の柾目にほつれ、喰い違い刃が美しい一振りです。

三原派の祖は備後国は鎌倉時代末期に一文字派とも言われる国分寺助国が備前より移住してはじまりました。その後、三原では正家、正廣などの名が知られており、本刀は天正の年紀が貴重です。

室町後期 備後 藤代鑑定 白鞘、拵付 38万円

刃長39.5cm 反り0.8cm 重ね0.75cm 元幅2.8cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時