商品詳細

豊後太郎本行 高田河内守源本行(松葉本行)

松葉本行の脇差です。本行は本国は豊後高田、その後に肥前唐津、次に江戸東武に移住して、本阿弥家より本行と銘を受領し行平から本行と改名しております。その後、相模の綱広の門に入門して相州伝の作刀技術を学び、老後は唐津に戻り豊後太郎と称します。また二代は唐津より下総古河に移って作刀しております。なお本作は表裏に豊後太郎本行と高田河内守源本行と銘を切り分けており、初代と二代の合作と見られ、資料性からもとても貴重な作刀です。通称である「松葉本行」の「松葉」とは、豊後太郎本行(初代)の本の銘字が独特であることからそのように言われております。作風は豊後行平の子孫であるとのことから、九州物の鍛えを基本に相州傳を顕わし、沸出来の乱れ刃が特徴的で総じて左文字風の作風となっております。

江戸前期 豊後 特別保存刀剣 拵入 48万円

刃長50.3cm 反り1.0cm 重ね0.7cm 元幅3cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時