商品詳細

兼房 (若狭守氏房)織田信長抱え鍛冶

戦国時代の関の代表的な名工である若狭守氏房の最初期銘、兼房の短刀です。若狭守氏房は代々兼房と名乗っておりましたが、今川氏の求めで鍛刀した際に改銘し、その後は織田信長の抱え鍛冶として活躍しました。なお兼房は中国の古書にも日本刀の代表として登場するほどの名工で、日本刀の業物として有名です。それを物語る一つに、裁断銘の最高記録とされるのは十二胴裁断した兼房の脇指とされております。なお、この刃紋は兼房(ケンポウ)乱れと呼ばれて有名であり、特徴的で華やかです。

本刀もその兼房乱れに飛び焼きが入って覇気があり、さらにややフクラのかれた姿が鋭利さを高めています。戦国時代を生き抜いた抜群の出来の腰刀をご覧下さい。(本刀は人間国宝、藤代松雄師によって優秀作と鑑定されております。)

室町後期 美濃 特別保存刀剣 白鞘、拵付 85万円

刃長33.9cm 反り0.6cm 重ね0.55cm 元幅3.0cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時