商品詳細

無銘(海部)朱塗拵入り

海部と極められた無銘の脇差です。阿波徳島に応永頃の海部師久を祖として海部鍛冶が幕末まで各代あり、本刀は古刀期の海部の刀です。作風は地鉄に杢が働いて刃は沸本位です。また多くの場合、銘は阿州某と切ります。本刀は戦国時代の気風を伝える剛健な姿に地肌は練れてよく鍛えられ、刃は沸づいて力強さがあります。また、拵えは古色溢れた幕末期のものです。拵えは幕末に造られた、なかなか見られない特注の逸品です。

室町後期 阿波 保存刀剣 拵入 19万円

刃長35.9cm 反り1.0cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時