商品詳細

備前国住長船彦左衛門尉祐定作之 天正五年八月吉日

末備前の彦左衛門尉祐定の刀です。備前祐定は勝光、清光などと並び室町末期を代表する刀工で、与三左衛門を筆頭として彦兵衛尉、源兵衛、源左衛門、と続き本作、彦左衛門は現存作を観ますと主として室町末期の代表工として古刀期長船の最後を飾っています。なお本工は備前伝の丁子刃の他(俗に蟹の刃)、湾れ、互の目、直刃、皆焼、など各種刃紋を見ますが、時代的に本刀のような湾れや直刃出来は慶長新刀に先駆けて南蛮鉄を用いていたと言われており、後の肥前刀に似通った点が多く見られます。その為、本刀の出来は備前刀ながらやや新刀に近く、地鉄の肌があまり練らず均一で綺麗です。また刃紋は太直調子に小丁子、互の目が交じって沸づきながら、匂い口は明るく冴えています。姿は二尺二寸の片手打ちに近い頃合いの姿で、鎬が厚いながら肉を盗んで利刀造りになっています。なお本刀は中心がやや朽ち込んでおりますが、戦国時代の終わり頃の俗名入りの作刀で貴重と言えます。なお付属の拵は、龍を配した肥後金具が美しい、豪華な打刀拵です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.7cm 1.0cm 0.72cm 3.1cm 0.51cm 2.16cm

室町後期 備前  特別保存刀剣  白鞘、拵付 参考品

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時