商品詳細

安達義昭作  昭和辛酉年二月日

昭和56年作の安達義昭刀匠の太刀です。義昭刀匠は昭和21年の生まれで、佐藤寒山先生の門であり、人間国宝である隅谷正峯刀匠について作刀を学んでおります。静岡県裾野市にて作刀し、作風は備前伝を得意としておりました。日刀保の新作名刀展にて名誉会長賞など多数の受賞がありましたが、若くして亡くなっております。

 本刀は協会会長賞を受賞する頃の作で、同工が最も得意とする匂いが深く華やかな丁子乱れです。一文字写しと思われる姿、作風で、重花丁子がまことに華やかな覇気溢れる出来となっております。

 

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.0cm 2.9cm 0.85cm 3.5cm 0.6cm 2.9cm

現代刀 静岡  白鞘 78万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時